Sloppy's blog
TOP DRINK FOOD DAIRY ACCESS
Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile


got drunk
Sloppy Ryo's Bar

Address
埼玉県越谷市北越谷4-4-1荻野ビル2F
Telephone number
048-970-1328

  • 管理者ページ

  • Recommended music



    最近の記事

    最近のコメント

    Archive

    最近のトラックバック

    Category

    SPECIAL THANKS

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    QRコード

    QRコード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ▲TOP
    『ジン (Gin) とは』
    大麦、ライ麦、ジャガイモなどを原料とした蒸留酒。ジュニパーベリー (Juniper berry、ねずの実) によって香り付けがされているのが特徴的。日本の酒税法上はスピリッツに分類される。そのまま飲むだけでなく、カクテルの材料としてもよく使われる。

    1660年、オランダのライデン大学の医学部教授、フランシスクス・シルヴィウスが作った解熱・利尿用薬用酒、ジェネヴァ (Jenever) がその起源。しかし、普通に飲んでも美味なため一般化していった。

    1689年、オランダの貴族であったオレンジ公ウイリアム(ウィリアム3世 (イングランド王))がイングランド国王として迎えられた際にこの酒もイギリスに持ち込まれ、人気を博するようになった。その際、名前も短くジンと呼ばれるようになった。

    19世紀半ばに連続式蒸留器が発明されると、これまでより飛躍的に雑味が少なく、度数の高いスピリッツが蒸留できるようになり、ジンの製法も大きく様変わりした。原料自体は大きく変わらないが、まず連続式蒸留器でアルコール度数の高いスピリッツを作り、そこにジュニパーベリーなどの副材料を加えて単式蒸留する。これが現在主流であるドライ・ジン(Dry Gin,「ロンドン・ジン」とも呼ばれる)である。
    スポンサーサイト
    ▲TOP

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。