Sloppy's blog
TOP DRINK FOOD DAIRY ACCESS
Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile


got drunk
Sloppy Ryo's Bar

Address
埼玉県越谷市北越谷4-4-1荻野ビル2F
Telephone number
048-970-1328

  • 管理者ページ

  • Recommended music



    最近の記事

    最近のコメント

    Archive

    最近のトラックバック

    Category

    SPECIAL THANKS

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    QRコード

    QRコード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ▲TOP
    『ラム(Rum)とは』
    ラム酒(ラムしゅ rum)は、サトウキビを原料として作られる、西インド諸島原産の蒸留酒。サトウキビに含まれる糖蜜を発酵・蒸留して作られる。フランス語では rhum と綴る。スペイン語・ポルトガル語ではロン ( ron ) と呼ぶ

    発祥はバルバドス島とされる。島の住民たちがこの酒を飲んで騒いでいる様子を、イギリス人が rumballion (デボンシャー方言で「興奮」の意)と表現したのが名の由来という。発祥はプエルトリコ島とする説もあるが、いずれにしてもカリブ海原産ではあるようだ(カリブ海の海賊たちの物語の中に登場するお酒といえば、これである)。

    その後、サトウキビ栽培地域の拡大に伴いラム酒も広まっていき、南北アメリカやアフリカでも作られるようになった。

    18世紀になるとラムはイギリス海軍の支給品となった。しかしラムは強い酒だったため、エドワード・バーノンという提督は水割りラムを支給することにした。部下たちはこの薄いラムのことを、グログラムという生地でできたコートを着ていた提督のあだ名からグロッグと呼ぶようになった。現在でも水割りラムはグロッグと呼ばれ、泥酔することはグロッギーという。日本で使われるグロッキーという言葉は、このグロッギーがなまったものである。

    1805年のトラファルガー海戦で戦死したホレーショ・ネルソン提督の遺体は、腐敗を防ぐためラム酒の樽に漬けて本国に運ばれた。このためラムは「ネルソンの血」と呼ばれることもある。ちなみにそのネルソンを漬けたラム酒は、水兵たちが盗み飲みしてしまったため、帰国の際には樽は空っぽになっていたという。一説によると、偉大なネルソンにあやかろうとした行動だったという。

    ラム酒は中南米では非常に多く飲まれている。特に、コーラで割ったものは、キューバ・リブレ(Cuba libre, スペイン語ではクーバ・リブレ)と呼ばれ、最もポピュラーな飲み方である。その他の利用としてケーキ、タルト等焼き菓子の風味づけに多用される。

    スポンサーサイト
    ▲TOP

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。