Sloppy's blog
TOP DRINK FOOD DAIRY ACCESS
Calendar

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Profile


got drunk
Sloppy Ryo's Bar

Address
埼玉県越谷市北越谷4-4-1荻野ビル2F
Telephone number
048-970-1328

  • 管理者ページ

  • Recommended music



    最近の記事

    最近のコメント

    Archive

    最近のトラックバック

    Category

    SPECIAL THANKS

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    QRコード

    QRコード

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ▲TOP
    『リキュール(Liqueur)とは』
    リキュール (Liqueur) とは蒸留酒に果実やハーブなどの副材料を加えて調製した酒のこと。そのまま飲むこともあるが、多くはカクテルの材料や菓子の風味付けなどに利用される。

    酒税法上のリキュール類は「酒類と糖類その他の物品を原料として酒類でエキス分が2度以上のもの(清酒、合成焼酎、しょうちゅう、みりん、ビール、果実酒類、ウイスキー類、発泡酒、粉末酒を除く。)」と既定される。またヨーロッパ委員会の法律(法律1576/89)ではワイン、ビールを除くアルコール度数15度以上の飲み物のうち、糖分を1リットルあたり100g以上含むものを指す。

    酒に色々な風味をつけて楽しむ習慣は古代エジプト、古代ローマ、あるいは唐(中国)の時代にまでさかのぼるが、現在のように蒸留酒をベースとして保存性を高めた「リキュール」が生まれたのは十字軍の遠征によってアラビアの技術を知り持ち帰った中世ヨーロッパである。

    錬金術の発展の過程で蒸留の技術が発達し、高いアルコール度数の酒が作られるようになると、錬金術師たちはこれを生命力を高める為の霊酒と考え、各種の薬草・香草類を加えてさらに効果の高い、不老長寿の秘薬、エリクシルを作ろうとした。これがリキュールの原型である。

    その後その技術は各地の修道院に受け継がれ、薬用酒として盛んに作られるようになった。現在でも修道院で作られ、そのレシピは門外不出であるものも多種存在する。

    18世紀になると薬用という意味合いは薄れ、各種の果実や砂糖を使用し、味わいを追及するようになり、現在のような多種多様なリキュールが作られるようになった。

    日本における最初のリキュールは平安時代に中国から伝わった屠蘇だといわれる。その後、室町時代に菊酒が作られるようになった。「加賀の菊酒」と「肥後の菊酒」の2種類が知られている。江戸時代には薬酒が各地で作られ、万病に効く薬として販売された。また、この時代に梅酒作りも盛んになった。

    スポンサーサイト
    ▲TOP

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。